1. カシ-フレンドリー
  2.   >  お知らせ
  3.   >  ニュース

2020.12.13 Update

生麹のレシピご紹介!

風土農園さんの生麹が届き、事前にご予約をいただいていた方にお渡ししていました。もっと”生麹”を楽しもう!ということで簡単レシピをあれこれご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

◎納豆麹

 

旨味と香りがふくよかで美味しい納豆麹。冷蔵保存で2週間。そのまま、ご飯に乗っけたり、今からの季節は湯豆腐にも、チャーハンにしたり、うどんやおそばに絡めたりアレンジ色々で食べられます。

 

材料:小粒納豆(またはひきわり)100g、麹100g、人参 1/2本(2-3cmの細切り)、干椎茸 小4枚

*醤油 1/4カップ、*みりん 1/4カップ、*椎茸の戻し汁 1/4カップ、*酒 大さじ1、いりごま 適量

 

はじめに、生麹は冷蔵庫から出して常温にしておきます

① 戻した椎茸を細切りにする

② ①と人参、*を鍋に入れひと煮立ちさせる

③ ボウルに移し荒熱をとったらほぐした麹を入れる

④ かき混ぜておいた納豆といりごまを加え全体を混ぜ合わせる

⑤ 冷蔵庫で数日保存(麹が柔らかくなったら完成です)

 

 

 

◎甘酒

 

はじめてでも失敗しない美味しい甘酒の作り方。米麹と同等のお米を混ぜてつくる甘酒は、「うす作り」と呼ばれています。少ない麹の量で甘酒ができるのが魅力です。

 

材料:(出来上がり550ml)生麹 100g、ご飯 1合、水 300ml

 

① 炊いたご飯にお湯をいれて混ぜる。お米の固まりがなくなるようにしっかり混ぜましょう。温度が60℃くらいになるまで置いておきます。

② 温度が60℃くらいになったら米麹を加え更によく混ぜます。

③ 55~60℃で約6時間保温します。

 

酵素がよく働く温度が50度から60度あたりになります。あまり高温になると壊れてしまうので、温度計を使ってこの適温を保ちながら混ぜてください。ヨーグルトメーカーなどの保温器や炊飯器、魔法瓶があると便利です。

 

 

 

塩麹、醤油麹どちらも仕込んだあとはは冷蔵庫に置かず、常温で1週間ほど保存してください。とろみと麹の香りがしてきたら食べ頃です。

 

◎塩麹

麹に塩を混ぜた塩麹は、塩の味だけでなく、発酵によって生まれたうまみや甘みなどが加わるため、また、酵素の力でお肉などの食材は柔らかく仕上がります。いつものお料理に塩麹をプラスするだけで、うまみの強くて柔らかなお料理に仕上げることができます。

 

材料:麹200g、塩60g、水200ml +蓋つきの容器

① ボウルに麹を入れて手で塊をほぐす

② 麹と塩をこすり合わせるように塩を加える

③  水を加え下からよく混ぜ合わせる

あとは室温で一週間前後保存するだけ。一日に一度かき混ぜることをお忘れなく!

 

 

◎醤油麹

塩麹と比べて大豆成分の旨味が強くなる醤油麹。グルタミン酸の旨味成分が塩麹に比べて10倍以上にもなるともいわれています。

 

材料:麹150g、醤油150cc +蓋つきの容器

① 醤油と麹を混ぜ合わせます。

② まんべんなく混ざるように混ぜあわせます。

生麹なので、どうしても水分を吸収してしまいます。仕込んだ翌日にはもう一度ヒタヒタまで醤油を足してください。一日に一度かき混ぜることをお忘れなく!

 

 

◎甘酒パンケーキ 4枚分くらい

材料:小麦粉(または米粉)100g、ベーキングパウダー 4g、卵 2個、甘酒 150g

① すべての材料をボールに入れ混ぜる。

② 熱したフライパンに油をひいたら弱火~中火で焼く。

砂糖、牛乳不使用の簡単おやつの出来上がりです!

 

 

今回、私は玉ねぎ麹と発酵あんこに挑戦!上手にできたらレシピをご紹介しますね(もし載らなかったら「さては、あいつ失敗したな」と思ってください)

 

他にもたくさんレシピがありますので、ここに無いレシピで作った方は Instagram「#風土農園の麹レシピ」でご紹介ください。

 

 

「かもすぞ~」

怒られそうなので画像小さめ…