1. カシ-フレンドリー
  2.   >  お知らせ

2019.07.01 Update

AOIHOSHI 佐々木龍大染めReuseの詳細

7月5日、6日、7日の3日間開催のAOI HOSHIにて、盛岡在住の染め作家佐々木龍大さんによる
「染め直しReuse(リユース)受注会」が行われます。

Reuse(リユース)とは
地球の資源を無駄にしないで繰り返し使う社会(=循環型社会)リデュース、リユース、リサイクルを3Rと呼びなるべく永く大切に使おうという取り組みで昨年も大変ご好評いただいた企画です。
去年はkasi-の中庭にて行われたインディゴ染めWSも開催しました。小さなお子様やたくさんの方に楽しんでいただきました。

今年は工房蟻さんのお洋服以外にも、以前kasi-でご購入いただいたお洋服も対象にいたします。色を変えて永く着たいお洋服や、気に入っていたけどシミをつけてしまったものなど、天然染めで美しく蘇らせてみてはいかがでしょうか。

 

カラーは展開は次の4色となります。

〇松煙染

松を燃やして煤を集めた天然顔料「松煙」を生の豆乳(呉汁)で溶いて染料とします。大豆のたんぱく質で固着させる古い手法です。味わいがあるチャコールグレーに染まります。
染めたては撥水効果があり使い込むと生地を柔らかい肌障りにします。

対象素材:綿・麻・絹

3回染まで 基本料1000円+10円/g
6回染まで 基本料2000円+10円/g

 

〇 弁柄染

土から取れる酸化鉄で赤系の顔料であり、旧石器時代から使われてきた最古の顔料でもあります。生の豆乳で溶いて染料です。
大豆のたんぱく質で色を固着させます。

対象素材 : 綿・麻・絹

3回染まで 基本料1000円+10円/g
6回染まで 基本料2000円+10円/g

 

 

 

〇インディゴ染め

顔料化した藍を還元剤を用いて手軽に立てられる現代の藍染料。
濃色にするものも染まりが早く、型染めや筒描き等、様々な表現ができます。ほとんどのジーンズはこの方法に近いやり方で100年以上前から染められています。
当方ではインド藍、大和藍の還元建てを総称してインディゴ染と呼んでいます。

対象素材 : 綿・麻
※絹は対象外です。

藍色まで 基本料1500円+10円/g
紺、濃紺 基本料2000円+10円/g

対象素材 : 毛
藍色まで 基本料2500円+10円/g
紺、濃紺 基本料3000円+10円/g

 

 

〇黄土染

 

古代より黄色の顔料として用いられ、顔料として使用される黄土はイエロー・オーカー(yellow ochre)あるいは単にオーカー(ochre)と呼ばれます。岩石が風化されてできたシルトであり各種のミネラルに富むことや、また保水特性に優れるため、コウリャンなどの栽培に適している。黄土を生の豆乳(呉汁)で溶いた染料です。
大豆のたんぱく質で固着させる古い手法で、味わいがある発色の良いマスタード色になります。染めたては撥水効果があり、使い込むと生地を柔らかい肌障りにします。

対象素材:綿・麻・絹
3回染まで 基本料1000円+10円/g
6回染まで 基本料2000円+10円/g

 

 

〇萌黄緑

黄土染にインディゴブルーを重ねます。
昔の蚊帳の色を思わせる独特な緑になります。
黄色を先に染めると青みが強く、インディゴを先に染める黄みが強くなります。

対象素材:綿・麻・絹
基本料2000円+10円/g

 

 

3回染またはもっと濃くしたい場合は6回染またはで基本料が変わります。それに染めるお洋服の重さ×10円をプラスして金額を出します。

例 :
蟻さんのHAKAMAパンツ(ロング)は大体400g
10円×400g=4000円
基本料1000円 合計5000円

 

 

 

 

〇工房蟻×佐々木龍大 コラボレーションアイテム数量限定販売会

蟻の夏の衣服と天然染めのシリーズはこの機会でしか見ることができない貴重なアイテムとなります。
数量限定です。お早めにごらんください。

 

 

〇kasi-オリジナルエコバック天然染め ¥2,590(税込)数量限定販売

インディゴ染(とてもきれいな薄いブルーです)

 

黄土染(発色の良いマスタード色です)

 

松煙染(シンプルに合わせやすいライトなグレーです)

 

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

なお、特別企画といたしまして、7/7(日)と7/10(水)に
【星の坊主さま お話し会】が開催されます!

 

7日の日曜日のお席はすべて埋まっておりますが、
10日(水)遠野コモンズスペースさんでのお席はまだ若干ございます。詳細はこちら → 
お子様をお連れの方でも大丈夫のスペースですのでぜひご参加お待ちしております!お気軽にkasi-スタッフにお問合せ下さいませ。→