1. カシ-フレンドリー
  2.   >  お知らせ

2019.01.11 Update

kasi-2月の予定(ワークショップの予約状況など)

◆ 靴下SALE
2月1日(金)~11日(月)

毎年恒例、冬の靴下SALEを行います。
20%オフの機会にあたたかい靴下をお買い求めください。

 

 

 

◆ 八戸 ろっかく珈琲 ・ オーガニックチョコレートをつくるWS 】

※おかげさまをもちましてで定員となりました。ありがとうございました。

八戸のろっかく珈琲さんをお呼びして、
「カカオ豆からつくるチョコレートづくりWS」を行います。

 

 

炭火で焙煎したオーガニックのカカオ豆を使用し、皮をむき、すり鉢で摺ってつくる材料からつくるチョコレート作り。

前回の様子はこちらから → 

 

チョコレートは大好きだけれど、どうやってできているの???
気になりますよね。オーガニックナッツやドライフルーツでトッピングしてお持ち帰りいただくワークショップはとても勉強になることと思います!出来上がるチョコレートは4センチくらいの丸型のものが10枚。
それをバレンタイン用にラッピングするまでのWSです。

 

アレンジはkasi-で いつもラッピングに使用しているドライフラワーをお使いいただきます。

 

ろっかく珈琲
青森県八戸市で無農薬の生豆を炭火で焙煎し、各地さまざまなイベントに出店されて活動されている大好きなご家族。
はじめて、ろっかくさんのチョコレートを食べたときの感動は今でも忘れられません!
その作り方を教えて頂けるなんてすごいこと!
ご予定が合う方はぜひぜひお気軽にご参加下さい。

 

 

2/11(月・祝)

時間 : 13:00 ~約3時間

場所 : kasi-バックヤードにて
(受付はkasi-friendly店内)

人数 : 12名(小さいお子様連れもOKです)
1/13現在であと2名さまOKです。

参加費 :  ¥3,500(税込)

お申込みについて ⇒ http://kasi-friendly.com/contact/

・お名前
・お電話番号
・参加人数
・「チョコレートWS参加希望」とご記入下さいませ。

 

※ すり鉢などの道具は全てろっかく珈琲さんが用意くださいます。
ラッピング用の容器、ラッピングアレンジ用のドライフラワーはkasi-でご用意します。

室内でのWSとなりますので、スリッパなど、室内履きをご持参ください。

チョコレートが飛ぶかもしれないので汚れてもいい服装、動きやすい服装でご参加ください。エプロンでもOK。

バレンタイン前ではありますが、ぜひぜひ男性の方もお気軽にご参加ください!本物の?カカオ豆からチョコレートができる!頭では分かっていたけど、そういうことなのか!と目からうろこの学びのワークショップです!

 

 

 

 

 

◆ 日和スタイル/ <はくセーター>momohiki workshop – kutushita work shop

“着る”セーターから“履く”セーターへ
お気に入りだけど着なくなったセーターを、
momohiki-ももひき- や kutsushita-くつした-へと”履く”セーターにリメイクする循環型ワークショップ。

2019年 2月23日(土)

①10:30〜13:30 8名 おかげさまで定員となりました。
②14:00〜17:00 8名 現在あと2名OKです!
約3時間ほど

〈場所〉 kasi-friendlyバックヤード

〈料金〉  3,500yen(お茶付き)/テキスト別途300yen←こちらはyumahareさんへわずかながらですがお智慧代としてお支払させてもらっています。

〈持ち物〉 セーター/裁ち鋏/小鋏/あれば裁縫道具

※ 条件としては、 着なくなったセーターをご持参いただいてアップサイクルする喜びを感じてもらうことも目的にしているので、持ち物としてお持ちいただきたいのですが、作りたいけれど持っていないというかたも多く、+1000yen~で一部購入分もお持ちくださるそうです。
糸と針、鋏も数本はこちらでご用意しているので、 お持ちのかたには鋏、小鋏はお持ちいただくようお願いしています。

〈予約 〉
・お名前
・お電話番号
・参加人数
・希望時間
を記載の上
kasi-MAIL  →  こちらにメールでお申し込みください。

日和スタイル MAIL  → hiyoristyle2016@gmail.com

講師の佐々木麻衣さんは現在宮城で「日よりスタイル」を運営されています。麻衣さん自身が感動した「着るセーターを履くセーターへ」再生する智慧。それを少しでもお裾分けできたら、という思いからはじまりだったこのワークショップは今や各地で開催され、とても素晴らしいワークと伺っていました。

わたし(しもやま)も前職でリメイクのブランドを担当していたことがあり、古着の再生(しかもデザイン性に富んだ)はとても関心があります。
ただ、ファッションだけに特化すると、リメイクはちょっと難しいところがあります。ところがmomohikiとkutsushitaは日常使いにとても重宝するのです!
わたしもkutsushitaを冷えとりのカバーソックスとして愛用させていただいていますがとても可愛くてテンションが上がります。

これは冷えとりのみなさまにもお伝えしたい!と思い麻衣さんにお声をかけさせていただきました。

お気に入りのセーターがあるんだけどもう着ないかなぁ、でも何かに役立てれないかなぁと思っていた方、アップサイクルの智慧を学びたい!という方、ぜひこの機会にご参加ください!

たくさんのご参加お待ちしております。