1. カシ-フレンドリー
  2.   >  お知らせ

2018.09.12 Update

KHISONOIO?さんのご紹介

この秋はじめてkasi-で受注会を開催くださるkisonoio(キソノイオ)さんをご紹介します。

 

Kasi -との出逢いは2015年春に遠野と盛岡で開催した「ウチとソトと」というイベントの際、ソトチームで参加くださったのがきっかけです。その時にご一緒したのがショウタツさん。ショウタツさんとキソノイオの徹さん、マイコさんは大の仲良しなのです。

KHISONOIO?
―バックの展示受注会―
9/28 (金) 29(土) 30(日)

KHISONOIOの鞄は、形や大きさに規定があります。
① ベースになる帆布の色
② ファスナーの色
③ ショルダー部分の革の色
④ つなぎベルトの革の色
を選んで世界に1つだけのバックを作ります。

 

※同3日間、kasi-ギャラリースペースではショウタツさんの似顔絵会も開催されています。

 

KHISONOIO(キソノイオ)

イタリア語で“Who am I?”“ぼくはだれ?”の意味

さまざまな人や場所との出会いを経て、2011年から母の影響で小さな頃から身近だったミシンを使い、鞄を作り始めました。
包丁ではなく、ペンでもなく、慣れ親しんだミシンを使うことで、ぼくはぼくらしさに出会えたような気がしました。
KHISONOIOの鞄は、使うほどに馴染むキャンバス地と革からできています。
元は同じ鞄だとしても、使い手の個性と交わりあい異なる表情をみせ、その姿はぼくには新品以上に美しく感じられます。
日常を離れて旅へ出るときも、いつも通りの愛おしい毎日を送るときも、
家族のように、親友のように、恋人のように、持つ人にやさしく寄り添って、共に、やわらかに年齢を重ねていく。

そんな存在になれればと願いながら、毎日鞄を作っています。

佐々木徹さん

 

 

 

KHISONOIO?のいちばん人気で定番の商品が帆布素材のリュック。

 

Piazza (  四角いリュック)
サイズ : L / M /  XS (お子さん用)

一番人気のPiazza は、旅行にも使える大きめなサイズ。
フロントを一周するファスナーで開きが大きいので、旅行に適しています。
はじめは少し帆布が固いのですが、物を入れたり使い込んで馴染んでいくととても良い風合いとなります。
今kasi-店内にKHISONOIOのリュックのサンプルが展示してありますので、新品と使い込んだリュックを比べてみてください。

オーダーでポケットを大きくするなどオプションがあります。 オプションはそれぞれで、オプションパーツ代金がプラスになります。 

 

Lサイズ

 

 

Mサイズ

 

 

 

Onigiri  

 

KHISONOIO?さんのインスタグラムはこちら → 

 

最近は他の作家さまとのコラボの商品や、全国いろいろな土地での展示会など大忙しのおふたり。
なかなかお会いする機会も少ないと思います。
ぜひこの機会に遊びにいらしてくださいね。

最終日の9/30(日)は、秋田から樫食堂のまちよさんがめちゃめちゃ美味しい揚げたての葱饅頭を出してくれます!こちらも楽しみです!