1. カシ-フレンドリー
  2.   >  お知らせ
  3.   >  入荷情報

2018.07.26 Update

GHEE EASY / 新しいお取扱い

飲むだけで体重を落とせると以前に話題になったバターコーヒー。それに使われるのもグラスフェッドバターでした。そんな数ある油のなかでアーユルヴェーダが最も推薦する“ギー”をご紹介したいと思います。

 

 

 

GHEE EASY (ギーイージー・100g) 1,382円(税込)

 

 

 

オランダの国立公園で自然放牧された牛の乳からできた、グラスフェッド・ギー。無塩発酵バターを伝統的な製法で18時間以上じっくりと加熱し、水分、たんぱく質、不純物をほぼ除去して作られています。インドや東南アジアでは日常的に使われている食材で、アーユルヴェーダでは薬として昔から使われています。

 

*グラスフェッドとは、自然の環境で放牧された、天然の牧草で飼育された牛のことです。私たちが口にする和牛や国産牛のほとんどは穀物で飼育されています。

*EUオーガニック認証取得

 

グラスフィーディングで育った牛の乳から作られたバターには、コレステロールや中性脂肪の減量に効果があるといわれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。また、天然の必須脂肪酸である、ビタミンA、D、E、Kなど女性にうれしい成分が多く含まれています。

 

ギーはバターと違い常温で長期保存が可能なので保存食としても重宝されてきました。ギーは香ばしい風味があり、バター自体より風味豊かな香りと味わいを持つので、トースト・ソテー・スープ・ステーキ・お菓子などにバターの替わりとしてお使いいただくのもおすすめです。

 

 

 

 

純粋な油

ギーの発祥は南インド。アーユルヴェーダとは5000年前に古典所が編纂されたといわれるインドの伝承医学で、その治療法はライフスタイルの改善から体内のクレンジング、ハーブやスパイスなどを使用した自然療法まで多岐に渡ります。

 

 

ギーは油の中ではもっとも純粋な油とされていて、身体を安定させ、消化力を強くする効果がとてもあるとされています。つまり、オージャス(滋養)を高めたい人にはギーが一番おすすめです。昼食のスープなどに軽くティースプーン1杯のギーを垂らせば、体のメンテナンスに大きな効果を生んでくれます。ただし、摂り過ぎはコレステロールが上がる可能性があるので、コレステロールが高い方は少なめにお使いください。

 

また、おでこに塗って寝ると睡眠の質がよくなったり、パソコンなどよる疲れ目やドライアイ、目の不調にはまぶたの上に塗って寝れば症状が軽くなるそうです。

 

*ギーパックのやり方

溶かしたギーをコットンに浸してまぶたの上に貼って10分置きます。ふき取って、軽く洗ってください。眠りがよくなり、目の充血もとれて、翌日には目が楽になっています。もし面倒くさければ、少量のギーをまぶたにそのまま塗って寝てもOKです。

 

 

スプーン1杯。

普段の生活にも気軽に取り入れられそうですよね。よかったらお試しくださいね。