1. カシ-フレンドリー
  2.   >  企画展

2018.06.15 Update

7月の企画展 / Aoi hoshi -工房蟻×佐々木龍大

【 Ao i  hoshi 】
工房蟻×佐々木龍大 in  kasi-friendly

7月6日(金)7(土)8(日)

盛岡市鉈屋町に工房を構える藍染め作家佐々木龍大さんと工房蟻さんのコラボレーション企画を開催します。

 

kasi-での工房蟻の展示会は2011年からスタートしました。
現在に至るまで、その着心地や風合いも含め、蟻のお洋服を愛してくださるお客様がたくさん増えました。
蟻のお洋服は日々の生活に溶け込む日常着です。じゃぶじゃぶと洗って、着て、洗って、着て、を何年も繰り返しているとどうしてもエージング(経年変化)が進み、色が薄くなってきます。それはたくさん着てくださった証拠でもあるのです。
今回の企画では、佐々木龍大さんの染めの技術を活かし、さらに美しく染め直して再生するという試み。
ぜひご自分だけの1枚を作り、そして慈しんで育ててください。

そして蟻のサンプルマーケットも同時開催します。
今まで展示会で使用したサンプルの一部をAo i hoshiプライスで販売します。
こちらは全て1点もの。数に限りがございますのでお早めにご覧ください。

 

 

佐々木龍大さんのご紹介

 

【染色家の顔】
2000年盛岡に移り住み、工房にて染色の仕事をスタート。その後いろんなご縁から独立して染色家として今に至る。
県内外のいろいろなイベントやWSにて藍染めの美しさや、染めの工程の楽しさを教え、2018年6月に盛岡市鉈屋町に染めの工房ショップ「some-mono」をオープン。
天然染めと関係の深い発酵の知識をより習得し、自分で試行錯誤を繰り返しながら昔ながらの染めの技法なども深めている。

 

 

【音楽家の顔】
アコースティックブルースユニット「龍伝」のメンバーとして音楽活動を始め、 その後、RYUDEN名義でP-vine Recordsからアルバムをリリースし活動の幅を全国に拡げる。
2011年の東日本大震災を期にソロユニットとして「Bon Voyage」をはじめ海沿いの故郷の風景を歌い続けている。

 

 

【アーティストの顔】
今回のDMにも使わせていただいたブルーの色彩の絵は龍大さんが大学時代のときに描いたもの。
今回の企画展では龍大さんの描いた絵も何点か展示いたします。

 

 

会期7月6日(金)、7(土)、8(日)の3日間の受付となります。
いままでご購入いただいたお洋服の中で染め直ししたいアイテムをお持ちください。
カラースワッチをご覧いただき、どの色に染めるかを決めていただき、商品と代金をお預かりします。
kasi-の中庭では龍大さんのインディゴのWSなども行う予定です。
染めは出来上がり後お電話にてご連絡差し上げます。

この企画は大切なお洋服を永く使っていただくために、色を染め直して大切にする、再生する、という意味合いもあるのですが、天然染めの美しさ、技術、風合いは大量生産の色の出方とは全く違うということを実感いただきたいという想いもあります。
佐々木龍大さんの染め技術をもっと知って、もっと広めていただけたら幸いです。