1. カシ-フレンドリー
  2.   >  スタッフおすすめ

2017.01.13 Update

スタッフオススメ / 半身浴のすすめ

冷え取り健康法の一番手っ取り早い方法は「半身浴」
ですが、私たち24時間ずっとお風呂に入っているわけにはいきません。

そのために靴下やレギンスなどで頭寒足熱を保ち、常に半身浴状態をつくり、上半身と下半身の温度差をなくすことによって体の循環を促します。

半身浴には高いリラックス効果があります。
このリラックス効果により神経系統の緊張や集中などを司る交感神経が沈静化され、代わりにリラックス感を司る副交感神経が活発化し、そのことも睡眠を促進させます。

今日はkasi-の半身浴の時のおすすめアイテムをいくつかご紹介しますね。

 

◆ 入浴剤 パインハイセンス

50g ¥100(税込)
2.1kg ¥3,000(税込)

IMG_0105 (853x1280)

kasi-の冷え取りラインでは定番となっている、からだを温める効果のある入浴剤パインハイセンス。パインニードルオイル(松葉油)を配合し、保温効果を高める数種類の成分で作られた弱アルカリの薬用入浴剤(医薬部外品)です。発汗作用に優れ、温泉に入ったような気分で一日の疲れをほぐし、心身ともにリラックスしていただけます。

◆ Ambiente  /  バスティー(6個入り) ¥2376(税込)
デトックス / リラックス

IMG_0099 (853x1280)

バスタブにお湯をためる時に一緒に入れてください。香りを吸いこむと心身ともにリラックスできます。軽いスクラブ効果もあるのでお肌を優しくマッサージしても良いです。

足浴にもお使いください。足を温めると全身の血行が良くなり、疲労かとれ気分が爽快になります。

洗面器に熱めのお湯を注ぎバスティーを入れ蒸気を立たせます。
洗面器の上に顔をかざし、蒸気が逃げないよう上からタオルで洗面器を覆うとフェイシャルスチームとしてお使いいただけます。

プレゼントにもとても喜ばれます。

 

 

◆ キャンドルを焚く

Lwonto  / Blue candle ¥1728(税込)
IMG_0100 (853x1280)

半身浴の際、キャンドルを灯すのもおすすめです。
浴室の明かりを消し真っ暗にしてアロマキャンドルを灯すことでよりリラックスすることができます。

LwontoのBlue candleはスペアミント、セージ、レモン、フェンネルのアロマで浄化の働きもあるのだとか。

 

 

◆ 塩浴

以前kasi-でもご紹介していた塩浴(えんよく)法。
書籍をお取扱いしていることから、kasi-のスタッフも実践している入浴の仕方です。

「塩」を用いた健康&美容法はたくさんあり、バスソルトや塩もみ、塩マッサージなどが有名ですが、「塩浴(えんよく)」はそれとはまったく違う方法。
シャンプーや石けんを使わず、高濃度の塩水を全身に塗って、皮脂腺から余分な皮脂を「浸透圧」で分離。そのときに肌内部の汚れも一緒にデトックスしてくれるというもの。
実は、40年以上前から伝わる方法なんだそう。

やり方はとてもシンプルで、「たっぷりの塩を溶かしたお湯=塩湯」を体や髪に塗り、なでるように洗うだけ。塩は必ず溶かして使うのがルールです。ざらざらした塩をもんだりこすったりはNG。塩湯を塗って、なでるだけです。

塩には洗浄力はまったくなく、あくまで触媒として機能するだけ。余分な皮脂を浮かせて取り除くときに毛穴に詰まった汚れを排出するので、
やり始めの期間こそ油が出ますがかならず落ち着いてきます。
皮脂の酸化が原因で発生する地肌のベタつきやかゆみ、ニオイが出ることもありません。

 

 

 

これから全国的にますます寒くなるとのこと。
盛岡も今夜から-10℃近く気温が下がるとの予報でした。

体が冷えて巡りが滞ってしまう今の季節だからこそ、半身浴でしっかり温めしっかりと汗をかき代謝を高めてからの就寝で睡眠の質も上げたいですね。