1. カシ-フレンドリー
  2.   >  スタッフおすすめ

2016.10.30 Update

スタッフおすすめ / 冷えとり足元コーディネート

足の裏は感染が発達していて1日コップ一杯くらいの汗が出ていると言われます。

冷えとり靴下を履いたときに気持ちよく快適に感じるのは、コップ一杯の汗や毒素を次の靴下に移行させ、蒸れを感じさせないという特性があるからです。
天然素材の中でもっとも吸湿性(毒素を吸う)、保温性(温める効果)、
放湿性(湿気を外に飛ばす)があるのが絹と言われています。

 

足の裏は特に内臓と密接なつながりがあり、冷え、食べ過ぎの毒を多く排出しているそうです。
化繊の靴下は避けて、毒を吸い取ってくれる絹、綿、ウールなどの天然素材ですと肌さわりもあたたかく温もりを感じます。

 

 

 

kasi-のスタッフは全員冷えとりを実践しています。
冷えとりを生活に取り入れ、食や身につける衣服を意識しはじめると体が取り入れるものを正しくチョイスできるようになります。

%e5%86%b7%ef%bd%904-mj-b-rcw

それほどガチガチに取り入れるのではなく、
体がここちよくてあたたかくて気持ちいいなと思えるやり方を選んで、
無理のないように実践しています。

冷えとりの足元コーディネートの記事を楽しみにしています!とのお声が多かったので今回は冬の靴下のコーディネートをご紹介しますね。
ただしDANSKO率が高いのはご了承くださいませ。

 

 

 

◆ meri ja kuuの人気商品 【シルク&ウールレッグウォーマー】を使った冷えとりコーディネート

img_8850-1280x853img_8856-1280x853img_8958-1280x853img_8888-1280x853img_8966-853x1280img_8969-853x1280img_8968-853x1280img_0004-960x1280%e5%86%b7p6-mj-la-sw1_1

 

 

 

◆ レギンスと靴下のコーディネート

img_8832-1280x853img_8890-1280x853img_8854-1280x853img_8810-1280x853img_8852-1280x853img_8855-1280x853img_8928-1280x853img_8915-1280x853img_8952-853x1280img_8851-1280x853img_8914-1280x853img_8909-853x1280img_8942-853x1280img_8959-1280x853img_8964-1280x853

kasi-スタッフや、冷えとりを実践しているお客様にご協力いただき、靴下のコーディネートを撮らせていただきました。
みなさま、ありがとうございました!

 

 

meri ja kuuより携帯用の湯たんぽも入荷しました。

¥4104(税込)

 

p3-16407
車の中で膝の上に置いたり、ご旅行のときにも便利にお使いいただけます。

p3-mj-16407p3-mj-16407-50

p3-mj-16407-75p3-mj-16407-80

 

◆ en lille -madoromi (ルームソッスク)/¥2592(税込)

ネイビー・グレー・ナイトチャコール

p5_el16408_79

p5_el16408

縮みにくい糸を使っています。すでに洗いにかけてありますので縮まないのが特徴です。

パイルならではのふっくらとした弾力のある素材で、アンゴラ特有の素材感が感じられる混紡糸を使用していますのであたたかいです。
半身浴や、軽い運動もどんどん取り入れ、寒いときこそしっかりとあたためるを意識した生活を送りたいですね。